本文へスキップ

~ピアノ・ソルフェージュ教室~演奏部~

電話でのお問い合わせはTEL.0797-91-2347

〒665-0871兵庫県宝塚市中山五月台3丁目16-6

演奏部EXECUTION PERFORMANCE

演奏企画

2023年7月2日(日)

New!【第1回 KANSAI Piano Festival 関西ピアノフェスティバル ロマン派の調べ~青柳晋氏とともには有意義に開催されました】

6月24日(土)コンサート&公開レッスンの催しが、宝塚市立ベガ・ホールで開催されました。第一部コンサートでは前半地元関西の実力派ピアニストによる演奏があり露払いに代表ピアニストも演奏して、後半に青柳晋東京藝術大学教授で日本を代表するピアニストによる演奏がなされて、名人によるロマン派の名曲が勢揃いの大変豪華な演奏会となりました。

第二部公開レッスンでは宝塚市民のアカデミー生の高校生2名のモデル演奏により人気の名曲によるワンポイントレッスンがあり、続いてハイレベルの関西の高校生への公開レッスンがありました。青柳先生の一流の胸を借りてそれぞれに緊張しながらこの日のために準備してきた演奏を力いっぱい披露しながら、アドバイスを頂いてみるみる変わって行く様子が興味深く観察されました。

この前日の第一日23日(金)には大阪で青柳晋先生によるプライベートレッスンの枠もありました。
プライベートレッスン、公開レッスンと一流の演奏によるコンサートなどのピアノづくしの催しで、体験型で広く地元関西に根ざしたピアノ音楽祭が皆様のご参加で益々楽しく有意義に発展していくことを願っております。
青柳晋氏

松本昌敏氏
宮本聖子氏
小鹿慶子
20231年6月24日(土)
【第1回 KANSAI Piano Festival 関西ピアノフェスティバル ロマン派の調べ~青柳晋氏とともに が6月24日(土)に開催されます!!】

♦日時:2023年6月24日(土)
♪プログラム♪
[第一部] コンサート12:40開場 13:00開演
ショパン  スケルツォ第2番 作品31     小鹿 慶子
ショパン  ワルツ 作品34-3
      舟歌 作品60           宮本聖子
ショパン  アンダンテスピアナートと
      華麗なる大ポロネーズ 作品22 松本 昌敏
リスト   夜想曲「夢の中に」
      ソナタ ロ短調         青柳 晋
[第二部] 公開レッスン 講師 青柳 晋 東京藝術大学教授
    14:45開場 15:00開演
モデル演奏
高校1年生 金子 実紗 ショパン 子犬のワルツ作品64-1
高校1年生 栗林 蒼弥 ショパン 英雄ポロネーズ作品53
高校2年生 宮内 梨緒 ショパン スケルツォ第1番 作品20

♦会場 宝塚ベガホール・ソリオホール

♦入場料【全席指定】 
コンサート    前売り 4,000円 当日券 5,000円
公開レッスン   前売り 3,000円 当日券 4,000円
通し券      前売り 6,500円 当日券 9,000円
【チケットお取り扱い】
イープラス https://eplus.jp

チケット購入ページ 👇
https://eplus.jp/sf/detail/3840260001-P0030001

QRコード👉 
♦主催・お問合せ 宝塚音楽アカデミー演奏部0797-91-2347
♦後援 兵庫県 兵庫県教育委員会(公財)兵庫県芸術文化協会 宝塚市 宝塚市教育委員会 (公財)宝塚市文化財団 (公社)日本演奏連盟(公財)日本ピアノ教育連盟 (一社)全日本ピアノ指導者協会 宝塚演奏家連盟

昨年宝塚音楽アカデミー10周年記念スペシャルコンサートで名演奏をされた東京藝術大学教授の青柳晋氏と、関西を代表する実力派名ピアニストの松本昌敏氏、宮本聖子氏を迎えて、皆様も大好きな美しいロマン派の名曲によるコンサートと、地元関西のピアニストの卵の皆様への青柳晋先生による公開レッスンの2本立ての楽しい催しが6月に催されます。
滅多にないハイレベルで贅沢な催しです。ピアノを弾く方もそうでない方も、地元宝塚市の素晴らしいホールでピアノの響きをぜひお楽しみください。チケットは宝塚ベガホール、宝塚駅直結のソリオホールの窓口と、インターネットのチケットサービス最大手のイープラスでお求め頂けます。スマホのeチケットやお近くのコンビニエンスストア(FamilyMart、セブンイレブン)でお求め下さい。初めての方もそうでない方も折角の機会ですからぜひお越し下さい。お問合せは宝塚音楽アカデミー演奏部までご連絡ください。
2022年10月23日
【宝塚音楽アカデミー 創立10周年記念スペシャルコンサート
青柳晋ピアノリサイタルが開催されました!】
宝塚音楽アカデミー創立10周年を記念して素晴らしいゲストを招きスペシャルコンサートを開催いたしました。

名曲に満ちたプログラムと素晴らしい演奏で初めて生演奏を聴かれた宝塚音楽アカデミーピアノ・ソルフェージュ教室の生徒さん方や保護者の皆様はもちろん、広く一般のお客様方にも多数お越し頂き大変な驚きと大好評のうちに楽しくも名残惜しく終了しました。
当日の演奏の一部をご紹介いたします。

Chopin ソナタ第3番終楽章より抜粋

宝塚音楽アカデミーでは、高い水準の演奏を求めて常に研究・研鑽の機会を設け、また質の良い演奏を地域や広く一般の方々に気軽にお楽しみいただけるように、身近な会場での親しみやすいコンサートを企画しています。

宝塚音楽アカデミーでは、高い水準の演奏を求めて常に研究・研鑽の機会を設け、また質の良い演奏を地域や広く一般の方々に気軽にお楽しみいただけるように、身近な会場での親しみやすいコンサートを企画しています。
2017年3月21日
[講師出演の地域の音楽会がありました]
「パパ&ママと子供たちのクラシックコンサート」が、3月4日(土)13時から宝塚市立中山台コミュニティーセンター3F多目的ホールでありました。
中山台コミュニティ子ども部会主催・入場無料のコンサートで、ピアノソロ、リトミックによる音楽あそび、皆で歌うコーナーの3本立ての、皆さんで楽しんでいただけるプログラムでした。
リトミックによる音楽あそびコーナーではお子様方と保護者の皆様もご参加いただき楽しくにぎやかなひと時を過ごしました。

お天気にも恵まれ、子どもさんも大人の方も多数参加して頂き、盛会の内に賑やかに楽しく終わりました♪。みなさんの笑顔を嬉しく思います。宝塚音楽アカデミー~ピアノ・ソルフェージュ教室~演奏部~では、代表講師・会長はじめ会員の地域活動への参加などを通じて地域の音楽活動の充実や音楽文化の向上にもお役に立ちたいと願っております。
2014.5.5
地元自治会主催の「パパ&ママとこどもたちのクラシックコンサート」で宝塚音楽アカデミー~ピアノ・ソルフェージュ教室~の代表・講師がコントラバス奏者とともに演奏とお話をしました。

第1部は皆さんと一緒に童謡の歌唱、第2部はピアノ独奏・コントラバス独奏、第3部はピアノと語りのためのクラシック曲の演奏で、たくさんの子供たちや保護者の方、地域や一般のお客様が聴きに来られて、楽しい演奏会でした。 

当ピアノ教室講師は日々の演奏・教育活動とともに、地元の子どもさんやそのご家族はじめ多くの皆様に音楽の楽しさに親しんでいただいて地域活動としての音楽文化の普及・向上にもお役に立てるよう日々心がけています。

コントラバス独奏
ピアノ独奏
2013.3.3
【宝塚音楽アカデミー主催 第1回コンサート】が開催されました。
ひなまつり春の名曲コンサート~Concert de Printemps~ピアノと2台のヴァイオリンとともに
地域の中山台コミュニティーセンターのホールで、乳幼児のお子様から地域の皆様を中心に皆様にお楽しみ頂けるコンサートが開催されました。2台のヴァイオリンとピアノによって皆様お馴染みの名曲を中心にお楽しみいただきました。

日時:2013年3月3日(日)13時30分開場 14時開演
会場:宝塚市立中山台コミュニティーセンター 3F多目的ホール
(阪急中山駅・JR中山寺駅より阪急バス五月台3丁目すぐ・阪急山本駅より阪急バス五月台5丁目徒歩5分)※無料駐車場も若干あります。
プログラム:第1部 アマチュアによる演奏 
*ピアノ クレメンティ作曲 ソナチネ
*皆さまもご一緒に ひなまつりの歌
第2部 ピアノと2台のヴァイオリンによる演奏
アイルランド民謡(2Vn.)、英雄ポロネーズ(P)、ショスタコーヴィッチ作曲 2台のヴァイオリンとピアノのための5つの小品、バッハ作曲 2台のヴァイオリンとピアノのための協奏曲ニ短調作品1043 ほか
後援:宝塚市・宝塚市教育委員会・
株式会社ヤマハミュージック大阪 千里店・株式会社河合楽器製作所・松本ピアノ工房
入場無料(予約・当日共)

お問い合わせ先:宝塚音楽アカデミー 演奏部









information

宝塚音楽アカデミー
~ピアノ・ソルフェージュ教室~
~演奏部~

ただ今新春新入生徒さん募集中!
お気軽に
 お問い合わせください♫

〒665-0871
兵庫県宝塚市中山五月台3-16-6
TEL.0797-91-2347  👇アクセス

阪急宝塚線中山観音駅からも
JR宝塚線(福知山線)中山寺駅からも
バスで教室前に直行!

小さいお子様にも女性にも安心して通って頂けます♪
お車でのお越しも歓迎いたします♪
阪急宝塚線中山観音駅からも
山本駅からも
JR宝塚線(福知山線)中山寺駅からも
車で約9分!!


宝塚音楽アカデミーは登録商標です。最近出てきたよく似た屋号の近所のピアノ教室との混同にご注意下さい







オフィシャルブログ